上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:まえかわ
  • >日本企業できちんと成果を出して、日々働くことは凄い大変なこと。

    同感です!
  • 2011/02/07 22:12 | URL 
  • Name:川村
  • >まえかわさん

    コメントありがとうございます!
    日本企業で成果出している友人はやはり優秀だと思いますし、
    彼らを見ていると、自分もやらねばと、また刺激を受けます。

    まえかわさんは日本で働いていらっしゃるんですか?
  • 2011/02/08 02:37 | URL 
  • Name:rika
  • 始めまして 
    もし違ってたらすみません
    ひょっとして1月3日の新聞に掲載されてませんでしたでしょうか? 飛行機の中で見たのでうるろぼえなのですが…
  • 2011/02/08 17:53 | URL 
  • Name:川村
  • >rikaさん

    はじめまして!コメントありがとうございます。
    はい、恥ずかしながら1月3日の読売新聞に掲載して
    頂きました。

    ご覧になって頂いていてとても嬉しく思います。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。
  • 2011/02/08 19:53 | URL 
  • Name:rika
  • やはりそうでしたか
    新聞の中で驚くほど安い賃金で働いていらっしゃるのを読んで大変だなと思ってました 今の若者の現実を垣間見たといおうか… でもベトナムでの経験をいかされてステップアップされたみたいで何よりです ベトナムでの起業は日本で考えるほど容易ではない(商習慣の違い、コネ・賄賂の横行、行政手続きの遅延等々)ので大変だと思いますが 信じれば必ず夢はかないます これからもご活躍を期待しています 応援してますね
  • 2011/02/08 22:52 | URL 
  • Name:川村
  • >rikaさん

    お返事ありがとうございます。
    暖かいお言葉感謝致します!

    あの記事は多少誇張されているところがあるのですが、、、
    そのお陰でこうしてつながれることが出来たので、
    嬉しいです。

    今はベトナム人の方たちと共に生活していくことで、
    この国に求められていること、そして日本人である
    自分が出来ることを模索していっている状態です。

    その延長線上に仕事を生み出していきたいと
    思っています。


    こちらこそこれから宜しくお願い申し上げます。

    川村
  • 2011/02/09 02:33 | URL 
  • Name:みきほ
  • はじめまして、かわむらさんと同じように2010年三月に大学を卒業してその足でベトナムより南のインドネシアで新聞記者として働いています。
    仕事柄、「ああ、これをうまくつかえば金もうけできるんじゃないか!職を作ることができるんじゃないか!」っという発見に出会うことはよくあるのですけど、本職にチカラを注ぎたいため実現できず、という生活を送っています。
    かわむらさんの立場は、そういうときすぐに思いついたアイデアに飛びかかれるだけの時間があってうらやましいなあと思う反面、身一つでビザの計算から地元社会に入るきっかけまで全部自分でやっているのが、単純にすごい!かっこいい!!と思います。
    twitter→mikiho3でやっていますので、よろしければ同じ新卒で東南アジアにきちゃいました★X仕事作りたい★というつながりでtwitterで交信できたらなーと思います。
    dehadeha!!
  • 2011/02/10 05:42 | URL   [ 編集 ]
  • Name:川村
  • >みきほさん

    こんにちは。川村と申します。
    素敵なメッセージありがとうございます^^

    なんとジャカルタで働かれているんですか!びっくり。
    僕はまだいったことがないため、今年の夏くらにぜひ伺わせて
    ください^^

    ジャカルタでの生活、、、想像もつきませんが、
    きっと毎日刺激に満ちた場所なんだろうなと
    想像しております。

    >かわむらさんの立場は、そういうときすぐに思いついたアイデ>アに飛びかかれるだけの時間があってうらやましいなあと思う>反面、身一つでビザの計算から地元社会に入るきっかけまで>全部自分でやっているのが、単純にすごい!かっこいい!!>と思います。

    そんなにかっこいいものではありません笑。
    まともにベトナム語もまだ話せないので、
    こちらで日本語が話せるベトナム人の方たちあってこその
    ことです。

    >twitter→mikiho3でやっていますので、よろしければ同じ新卒>で東南アジアにきちゃいました★X仕事作りたい★というつな>がりでtwitterで交信できたらなーと思います。

    先ほどフォローさせて頂きました♪
    ツイッター上でも、ブログ上でも、
    同じアジアで働く者同士情報交換していきましょう!

    これから宜しくお願いします(キリッ!
  • 2011/02/10 19:34 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/95-dcb662f1

本日2つ目の投稿。


前々回の記事でも書かせて頂きましたが、
1月3日~14日まで日本へ一時帰国しておりました。

約9ヶ月ぶりの日本だったので、何だかそわそわするというか、
どきどきしながらの帰国になりました。

残念ながら、向こうでまってくれている恋人がいないのですが(無念)、
それでも沢山の友人たちと話をする約束をしていたため、
とても楽しい帰国になりました。

とはいえ、遊び目的ではなく、仕事目的での帰国だったので、
あしからず笑。

以下、日本で主にやってきたことを簡単にまとめ。

チェンジメーカー留学inベトナム
の説明会

説明会終了後の様子
*説明会に協力してくれた学生の皆さん、ありがとうございました!


屋台を出店!?ベトナム武者修行ツアーの説明会


IMG_0948_convert_20110207212702.jpg


三文会
という早朝の勉強会にも呼んで頂きました。

④大学時代の友人たちと飲み会

IMG_0931_convert_20110207210130.jpg


⑤実家に帰省


こんな感じで、あっという間に2週間は過ぎていきました。
その中で色々思うところがあったので、書いておきます。


1:想像していた以上に、「海外で働く」ことはホットな話題に
  なりつつあること。


 ⇒自分がベトナムに行った9ヶ月前よりも話題性が増している気がした。
  ユニクロやパナソニックの「留学生採用枠拡大」のニュースや、
  楽天の「社内公用語は英語」などのニュースが話題になったからなのか。
 
  また「ベトナムで単身働くなんて想像できない、凄いですね」
  といわれたことがありましたが、そんなことないと思いました。

  僕から見ると、日本企業できちんと成果を出して、日々働くことは
  凄い大変なこと。
  周りの友人たちはそれを平然とやってのけている。

  こういったところでの葛藤はあります。
  「このままでいいのか・・・」という葛藤が。

  これについては後日記載します。

2:快適国家日本

⇒言葉が通じる。これがまず快適。
 また、電車に乗ったときなど、交通機関を利用したときのあらゆる制度が
 全て指示を出してくれることに改めて驚く。
 「電車が来ます。黄色の線までお下がりください」
 のアナウンスには特に驚いた、「ここまでしてくれるのか!」と。
 日本にいるときには気付けなかった視点だなと。

 ただ一方で過保護すぎるんじゃないかとも感じた。
 「黄色線まで下がってください」っていわれなくても
 わかっとるわい!と思ってしまう。

 フエ在住の日本人夫婦と子育ての話題になっときに、
 「ベトナムで子供を育てたい。だって日本では色々な手が多過ぎるから。」
 と言っていたことを思い出した。

 これはつまり、過保護過ぎて、小さい内に得ておくべき当たり前の苦労などを
 奪われてしまう、人間としての生きる力が失われてしまうということなんじゃ
 ないかとぼんやりと思いました。 
 

3:自分がこうしてベトナムで好き勝手していられるのは、間違いなく、
  周りの友人・知人、そして家族のお陰だということ。


 ⇒こんな自分勝手な僕をわざわざ時間を取ってくれて話をしてくれる
  大学の同期や後輩、先輩たち。
  そして何より、自分が生まれ育った場所があり、家があり、家族がいるということ。
  しかも、皆、健康でいてくれている。

  これを幸運と言わずに何と言おうか。
  世の中には、個人的な事情で、自分のように好き勝手できない人は大勢いる。
  その意味で、自分は恵まれているし、一方で甘いなと痛感した。
 
  これに関しても行動しながら考え続けていくしかない。
  


以上が日本一時帰国したときの感想です。

一時帰国することで、企業で頑張る同期たちに刺激受けた、
「このままでええんか!」と奮起させられるきっかけにもなった。

ベトナムで働くことを選んだのは、自分で選んだことなので
全く後悔はない。

けれども、一体何をやりたいのか、5年後10年後どうしたいのかを
考えると全く分からない。

けれども、「今」やりたいことがある。求められていることがある。
この今をしっかりとやっていくことでその先が生まれると思うので、
結局のところ、今を頑張るしかないなと。


少なくとも9ヶ月前と状況は全く違う。
沢山の方たちとお会いさせて頂いたし、
そこからお仕事を頂くことが出来てきた。

5年後10年後どうしたいかを考えるよりも、
5年後10年後後悔しないように、今を生き抜こう。

以上です。
どうかこれからも宜しくお願いします。

川村


8 Comments

  • Name:まえかわ
  • >日本企業できちんと成果を出して、日々働くことは凄い大変なこと。

    同感です!
  • 2011/02/07 22:12 | URL 
  • Name:川村
  • >まえかわさん

    コメントありがとうございます!
    日本企業で成果出している友人はやはり優秀だと思いますし、
    彼らを見ていると、自分もやらねばと、また刺激を受けます。

    まえかわさんは日本で働いていらっしゃるんですか?
  • 2011/02/08 02:37 | URL 
  • Name:rika
  • 始めまして 
    もし違ってたらすみません
    ひょっとして1月3日の新聞に掲載されてませんでしたでしょうか? 飛行機の中で見たのでうるろぼえなのですが…
  • 2011/02/08 17:53 | URL 
  • Name:川村
  • >rikaさん

    はじめまして!コメントありがとうございます。
    はい、恥ずかしながら1月3日の読売新聞に掲載して
    頂きました。

    ご覧になって頂いていてとても嬉しく思います。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。
  • 2011/02/08 19:53 | URL 
  • Name:rika
  • やはりそうでしたか
    新聞の中で驚くほど安い賃金で働いていらっしゃるのを読んで大変だなと思ってました 今の若者の現実を垣間見たといおうか… でもベトナムでの経験をいかされてステップアップされたみたいで何よりです ベトナムでの起業は日本で考えるほど容易ではない(商習慣の違い、コネ・賄賂の横行、行政手続きの遅延等々)ので大変だと思いますが 信じれば必ず夢はかないます これからもご活躍を期待しています 応援してますね
  • 2011/02/08 22:52 | URL 
  • Name:川村
  • >rikaさん

    お返事ありがとうございます。
    暖かいお言葉感謝致します!

    あの記事は多少誇張されているところがあるのですが、、、
    そのお陰でこうしてつながれることが出来たので、
    嬉しいです。

    今はベトナム人の方たちと共に生活していくことで、
    この国に求められていること、そして日本人である
    自分が出来ることを模索していっている状態です。

    その延長線上に仕事を生み出していきたいと
    思っています。


    こちらこそこれから宜しくお願い申し上げます。

    川村
  • 2011/02/09 02:33 | URL 
  • Name:みきほ
  • はじめまして、かわむらさんと同じように2010年三月に大学を卒業してその足でベトナムより南のインドネシアで新聞記者として働いています。
    仕事柄、「ああ、これをうまくつかえば金もうけできるんじゃないか!職を作ることができるんじゃないか!」っという発見に出会うことはよくあるのですけど、本職にチカラを注ぎたいため実現できず、という生活を送っています。
    かわむらさんの立場は、そういうときすぐに思いついたアイデアに飛びかかれるだけの時間があってうらやましいなあと思う反面、身一つでビザの計算から地元社会に入るきっかけまで全部自分でやっているのが、単純にすごい!かっこいい!!と思います。
    twitter→mikiho3でやっていますので、よろしければ同じ新卒で東南アジアにきちゃいました★X仕事作りたい★というつながりでtwitterで交信できたらなーと思います。
    dehadeha!!
  • 2011/02/10 05:42 | URL   [ 編集 ]
  • Name:川村
  • >みきほさん

    こんにちは。川村と申します。
    素敵なメッセージありがとうございます^^

    なんとジャカルタで働かれているんですか!びっくり。
    僕はまだいったことがないため、今年の夏くらにぜひ伺わせて
    ください^^

    ジャカルタでの生活、、、想像もつきませんが、
    きっと毎日刺激に満ちた場所なんだろうなと
    想像しております。

    >かわむらさんの立場は、そういうときすぐに思いついたアイデ>アに飛びかかれるだけの時間があってうらやましいなあと思う>反面、身一つでビザの計算から地元社会に入るきっかけまで>全部自分でやっているのが、単純にすごい!かっこいい!!>と思います。

    そんなにかっこいいものではありません笑。
    まともにベトナム語もまだ話せないので、
    こちらで日本語が話せるベトナム人の方たちあってこその
    ことです。

    >twitter→mikiho3でやっていますので、よろしければ同じ新卒>で東南アジアにきちゃいました★X仕事作りたい★というつな>がりでtwitterで交信できたらなーと思います。

    先ほどフォローさせて頂きました♪
    ツイッター上でも、ブログ上でも、
    同じアジアで働く者同士情報交換していきましょう!

    これから宜しくお願いします(キリッ!
  • 2011/02/10 19:34 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/95-dcb662f1

プロフィール

Twitter

フエのおいしいお店情報
随時更新中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。