上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/87-995c6202


IMG_0784_convert_20101108062628.jpg
こんばんは。川村です。この度漁師になりました。

・・・・・・嘘です。

さて、先ほどダナンから戻りました。
前回ご紹介した兼康君の所属する面白法人カヤックの皆さんがなんとダナンにお越しいただいているとのこと。

「これは先輩として、挨拶にいかねばならない(キリッ」


そう思い、2年に一度行われるというミスフエというイベントを泣く泣くキャンセルし、
ダナンの迷友唐津君と連絡を取り合い、皆様とお会いすることに。

なぜベトナムへ?とのことですが、カヤックは2年に一度、旅する支社というプロジェクトを仕掛けているみたいです。
「ネット環境さえあればどこでも仕事できる!」ということで、今回は色々なつながりがあり、
ベトナムのダナンにお越し頂いた模様。
約3週間いらっしゃるみたいなので、ダナンの街を楽しんで頂けるように出来ることはしたいな。

そして、兼康君も、活躍しているとのこと(社内アンケートで「彼氏にしたい人No1」に選ばれたらしい)、
心から誇りに思う。羨ましいぞ!

ベトナムに来た当初は「もう日本とはつながりがなくなるのではないか」
と思っていたけれども、むしろベトナムにいた方が面白い日本人の方たちにお会いする機会が多い。

そして、自分が訳分からないことをしているので、それを心配してか(!?)、かなり仲良くさせて
もらうことも多くなってきました。こうした縁は本当に大事にしたいな。

■「ところで、川村って今何してるの?」

ベトナム フエに来て、早7ヶ月。

最近友達から
「お前、どうやって生きていってんの?」
「仕事って何してるの?」
「彼女出来たの?」

ということを良く言われます。おっしゃるとおり、何も出来ないのに、毎日何をしているの?
という疑問はごもっともです。
自分でも「職業は何か」と言われたら、何なのか分かりませんが、今一度のご報告、
そして自分への整理も兼ねてお伝えします。

■仕事内容


大きく2つの仕事をやらせてもらっています。

1:大学での日本語教師
2:日本語ガイドクラブの立ち上げ&運営



1:大学での日本語教師について

こちらは本当にご縁でした。
たまたま現地の大学では日本語教育が盛んなのにも関わらず、
日本人が少なく、とても困っているという状況でそた。

ないない尽くしの自分が持っているものは「日本人」であることと「日本語が話せること」。

「もしかしたら、自分でもここだったらお役に立てるのではないか」

そう思い、大学に相談をしたところ、快諾してくださいました。
ということで、現在は、大学の寮に住みながら、少し給料も頂きながら生活をしております。

やることばすこと全てが未知のことなので、日々先生方に迷惑を掛けながら、
今の自分でも出来ることを日々取り組んでいます。

こちらとのご縁がなければ、日本へ強制帰国か、そこら辺で死んでいたのではないかと
思うと、、、心から感謝しております。

R0010519_convert_20101108064941.jpg
*大学の近所にいるいたずら小僧たち。愛でています。


2:日本語ガイドクラブの立ち上げ&運営


こちらは主に2つの目的で運営しようとしております。

1:日本人観光客にフエへ来てもらうこと
2:来て頂いた観光客に満足してもらう環境作り

これは観光局と協力して進めております。

これをやろうとした背景は、最初に僕が担当させてもらった
フエ観光局主催の「ガイド育成コース」で生まれた問題意識からでした。

何が問題か。端的にいうと、
「観光局がガイドライセンス発行しても、仕事がない!」ということです。

これによって、結果がどうなるかというと。。。

1:ガイドになろうとする若い人がいなくなる
 →ガイドが魅力的な仕事じゃなくなる
 →長い目で見るとガイドがいなくなる
 →観光客きてもガイドいないやん!ということに。

2:フエに日本語を使った仕事が一つなくなる
 →日本語勉強しても仕事で活かす場が少ない@フエ
 →フエで日本語を活かした数少ない職業の一つであるガイドが仕事として成り立たなくなる。
 →フエ人はフエで働きたいという学生が多い。その中でガイドが仕事として成り立たなくなるのは痛い。
 →結果、どんどん都会へ人材流出してしまう。

日本語教育を行っている大学としても、観光局としても、そしてフエを訪れる日本人観光客
としてもこのままの状況が続くとまずいわけです。

ではなぜこうなっているのかの原因は明白です。

つまり「そもそも日本人観光客いないじゃん」ということです。

これについてはもう母数を増やすしかありません。
「新しいツアー企画=日本人観光客が来る
    =ガイドさんに仕事が増える=若手にも仕事が来る=若手が育つ」

という流れを作ることです。

現在、日本人観光客は年間で36万人きています。
その中で、中部(ホイアン・ダナン・フエ)にきて頂いている観光客はたったの3万人。。。

「世界遺産が4つもある。それに飯も旨いし、人も優しい。にも関わらず何てこった。。。」


これはフエを含めたベトナム中部観光に関わる誰もが思っていることであります。

ただ、現地の旅行代理店は、人が少ない中で業務を行っているので、
日々の仕事を回すだけでも精一杯な状況。ホテルも同様の状況です。

つまり、現状、数が少ないながらも日本人観光客は来ているので、
それの対応をするだけで精一杯なのです。

そして来てくれた観光客をガイドするのは、熟練のガイドさんたち。
旅行会社にとっては、折角来てくれた数少ないお客さんなのだから、
確実にクレームが出ないように対応したいと思います。

だから、若手のガイドではなく、ほとんどが熟練のガイドさんへと仕事が流れていきます。

これは何も悪いことではありません。
ただ、今後のフエ観光のことを考えると、若いガイドを育成していくことは必須です。

だからこそ、今、日本人観光客の方たちが本当に魅力的だと思ってくださる
新しいフエツアーが求められているのです。

ということで僕の役割は、旅行代理店と新しい観光地との間に立ち、ツアー実施までの
コーディネートをしていくことです。

とはいっても、僕は観光ツアーを企画するのは実質初めて。。。そして言葉も分からないことも
災いし、中々思うようには進みません。当たり前ですが。
現在、現地の旅行代理店の方と少しずつお話させて頂きながら、来年の春には何とか形に
出来るように動いています。

ツアーの方向性について


これは過去に何度も書いているのですが、「人」を中心に据えた観光ツアーを考えています。
具体的には、ホームステイや、現地の家庭料理体験などのものから、日本語教育現場を
体験出来るものです。

実はいたずらに観光客を増やすことにはとても抵抗感があります。
例えば、ホームステイをするにしても、毎日観光客が来られたら、その家庭の生活は
崩壊してしまいます。

ベトナムに来て、世界遺産を消費していくだけではなく、日本人が持っている知識や経験を
その地にも与え、そしてベトナム人からも与えていくという「善意が循環する」ツアーをやりたい。
てかやる!

綺麗毎に聞こえるかもしれないけれども、ここを外してしまったら、自分が関わる意味がないので、
こだわっていきたい。

P1040790_convert_20101108074109.jpg
*ここは以前レポートしたバックマー国立公園の様子。
 本当に綺麗な川が流れている。ここもまだ知られていない
 観光地の一つ。


フエ観光を取り巻く状況について


実は結構風が来ているんじゃないかと考えている。

最近、観光局には旅行業界で経験の長い方が、JICAのシニアボランティアとして
赴任された。
何度かお話をうかがわせてもらっているが、本当に心強い方がフエに来てくださって
嬉しい。これからもどうかよろしくお願いします。

そして、フエ市経済局で働く方とのお話や、バックマー国立公園で働く方とのお話、
また、フエにある東南アジア最大のラグーン(淡水と海水が混じった湖)で働く方、
そして王宮の修復に関わる研究者の方など沢山お話させて頂いたことから、
新しいツアーの可能性もかなり見えてきた(かも。。。)。

フエはハノイやホーチミン、ダナンと比べて経済的にはそんなに発展はしていない。
しかし、昔からの生活を守りながら、家族と共に暮らしている人たちがフエ市内だけではなく
市外にも多くいる。

しかし、そういった暮らしをしている方たちは収入の道が漁業や農業のみになっており、
場所によっては生活がかなり苦しい状況にあるとのこと。

そこで、研究者や国際機関が入り、
「現状の暮らしを維持していくために、収入の道をどう作っていくか」
が課題になっている。

とはいえ、フエは観光産業しかありません。
よって、観光客に来てもらい、現地の方たちと交流をしながら、お金も回っていく
方法を探っている状況です。
新しいツアーは、こうしたところでも求められているので、自分の果たせる役割はあると思っています。

さらにさらに、日本観光協会が主催する「ビジットワールドキャンペーンwww.jata-net.or.jp/vwc_index.htm
でも、ベトナムが注目されているとのこと。

また、フエだけではなく、ダナンでも心強い味方がいるし、ホイアンにもいる。
あとはもう「やるかやらないか」というところまできている。

よーし、やってやるぞー!
以上になります。

まとまっていない上に長くなってしまった。。。
とりあえず今行っていることはこんなところです!

正直、お金はまだまだなく、日々節約してなんとかしていますが、
それでも楽しい日々を過ごさせてもらっております。

これほど人と関われる仕事をさせてもらえるなんて幸せなことだなと
思う次第です。

それでは、これからもよろしくお願いします!

川村

0 Comments

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/87-995c6202

プロフィール

Twitter

フエのおいしいお店情報
随時更新中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。