上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:mossko
  • おお。。!

    僕らの世代のこういった行動から日本の持つ閉塞感や未来を変えていけると思います。

    ぜひ後に続きたい。
  • 2010/10/13 11:49 | URL 
  • Name:ともひ
  • 去年、思い出すなぁ。
    あの日々があったから今があるんやね。
    感謝。
  • 2010/10/13 13:35 | URL   [ 編集 ]
  • Name:yo-hei
  • 遅ればせながら、
    誕生日おめでとうございます♪

    やっつさんののびのびとした「らしさ」がにじみ出ていて、読んでて素敵だなと思いました。
    あーベトナム行きたい!
  • 2010/10/14 00:10 | URL 
  • Name:ゆき
  • こちらにも!
    昨日はありがとうっ。スカイプの向こうから
    ベトナムのにぎわいが聞こえてきて、
    やっぱりちゃんと話すのっていいなあと思った。メールの何百倍も温度感伝わった。

    やっつが体に染み込ませてる"実感"を効かせて
    今必要だと思うことを積み上げていったら、
    きっと気づいたらすごく遠いところに辿り着けて
    いるんだろうなあと思ったよ。
    考えやエネルギを皆で交換しながら、きっと色んなもん作っていけるよね。
    がんばります。
    楽しみね!!
  • 2010/10/14 01:58 | URL   [ 編集 ]
  • Name:川村
  • >mosskoさん

    コメントありがとうございます^^
    僕達の世代で、何か新しい動きを作って
    行きたいと密かに思っています。

    一度ぜひ語らえたらとおもっちょります(キリッ

    >ともひ

    コメントあざっす。あの日@が懐かしい笑。
    引越し先から探したもんな。。。

    今の積み上げだなと最近思います。

    >よーへい

    お!久しぶりー^^元気でやってる?
    密かにブログみてるよ。
    俺は多分相変わらずです笑。
    一度遊びにきてね。
    よーへいには特にきて欲しい。

    >ゆっきー

    こちらこそー^^
    周りがうるさくてごめんね。
    >やっつが体に染み込ませてる"実感"を効か
    >せて今必要だと思うことを積み上げていっ
    >たら、きっと気づいたらすごく遠いところ
    >に辿り着けているんだろうなあと思った
    >よ。

    今まさに実感を積み重ねているところです。
    これから先、どんなことになるのかは
    想像もつかないけれども、
    ゆっきーが日本で感じてる実感と
    僕がベトナムで感じている実感を
    掛け合わせたら、何か面白いこと作れそうだね。作りたい!

    というわけで、これからもよろしく♪
    勝手に巻き込みます笑
  • 2010/10/15 11:47 | URL 
  • Name:S.Inui
  •  ふとしたきっかけで、川村さんのブログを見つけました。今年のフォーラム以来ですね。こういうコメントを読むと、何だか眩しくてくらくらしてしまいますね。一昨年?の夏が嘘のようですよ。
     家人とも語り合ってしまいました。そちらにはとても行く余裕がありませんが、ブログを楽しみにしています。
     失礼しました。
  • 2010/10/15 15:15 | URL 
  • Name:かわすみ
  • ツイッターでフォローさせていただいてます名古屋の町工場の親父です。
    遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます。
    そして退院もおめでとうございます。

    小さい町工場が海外調達ということを目指しています。
    みんなが良く馬鹿にしてくれます。
    絶対に成功させるという思いで頑張ってます。

    このブログに大変勇気付けられました。

    ありがとうございました。

  • 2010/10/16 00:37 | URL   [ 編集 ]
  • Name:川村
  • >乾さん

    お久しぶりです!なんとブログを見て
    頂けていたんですか><うれしいです。

    その節は大変お世話になりました。
    あの時はまさか会社でとんでもないことになり、ベトナムにくるとは思ってもいませんでした。

    「サラリーマンだねー、もっと違う見方があると思うよー」

    乾さんのご自宅でお食事をさせてもらっている時に、おっしゃってくれた言葉を未だに覚えています。

    また乾さんの手料理を食べられる日を
    楽しみにしながら、ベトナムで奮闘して
    参ります。

    >かわすみさん

    コメントありがとうございます!
    ツイッターでも一度やりとりさせて
    頂きましたね^^

    実は僕の故郷は名古屋かつ、
    親父がガラス屋さんを営んでいます。

    不思議なご縁を感じるので、
    これからもよろしくお願いします。

    また、ベトナムにお越しの際は、
    ぜひお話させてください。

    これからもよろしくお願いします。

  • 2010/10/16 15:03 | URL 
  • Name:Fuku
  • 川村さん、おめでとう。

    とある9月、目の前に山茶花が咲く縁側にて。

    あのときあなたに出会えてなかったら、今はない。
    本気で口説かれなかったら、僕はこんなに動いていない。

    あれがなかったらきっと。
    サルとイノシシとタコとスズキと一緒に。
    自然の中で遊んでもらっていたと思う。

    思い返すと、溢れそうになります。
    この感じを、忘れるもんか。

    みんなで分かち合う喜び、そのしあわせを教えてくれたかわむらさん。
    あらためて、感謝の気持ちが溢れています。
    いつも、ありがとう。
  • 2010/10/19 15:35 | URL 
  • Name:川村
  • >福ちゃん

    素敵なメッセージありがとう。

    もう去年が懐かしいね。
    お互い、あれから色々と周りが動いているね。

    あの縁側が懐かしいな。
    あの時、僕は本当に福ちゃんが素敵だと思ったし、
    だから沢山の人に福ちゃんのあり方知って欲しいと思いました。

    また、どんどん福ちゃんが進んでいく姿を見て、
    僕自身、何度も奮い立たせられたし、だからこそ
    ベトナムで、もっと頑張らないとな。と思えます。

    いつか、福ツアー@ベトナムやりたいね。
    ここはまだまだ「作る」文化が残っているから、
    福ちゃんにとっても新たな学びがあるかも。

    俺も一時帰国したら高知に遊びにいきたいな。
    おいしい自然薯ご飯と、おつまみ、お酒を片手に
    火を囲みながら語り合いたい!

    また会える日を楽しみにしてるね。

    川村
  • 2010/10/21 16:55 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/82-32c8b77f


かなりお久しぶりです。川村泰裕で御座います。

9月・10月と本当に沢山のことがありました。

・ブログ経由で、日本からわざわざ来てくださったご夫婦をご案内したり、
・フエの観光調査のために、学生と日本人観光客を探しに駆け回ったり、
・フエにインターンにきてくれた日本の大学生とワイワイしたり
・大学の同期が5人もフエにきてくれたり
・人生初入院をフエでしたり

などなど、盛り沢山な日々を過ごしておりました。
そんな日々を過ごす中で、9月30日にベトナムで26歳を迎えました!

誕生日前日~当日は、沢山の学生たちが祝ってくれました涙。
中でもびっくりしたのが、カラオケ屋で祝ってくれたときのこと。

丁度その時日本から友達がきていたので、学生から
「先生ー、折角なので、カラオケいきましょうよ」
ということだったので、いくことにした。

カラオケ屋につくと、「じゃあ、とりあえず先生、先に入ろうか」
という指示を受け、大人しく従うことに。

すると、目の前にいきなり「花火」が現れた。

「え?カラオケ屋で花火?どういうこっちゃ!?」と、
いきなりのことだったので何が何だか分からなかった。

お構いなしに部屋中花火で煙まみれになりながらも

「先生、おめでとう!」
「先生、26歳本当におめでたいですね」
「先生、26歳ですね。ベトナムでは皆とっくに結婚していますよ」←おい

ということを言ってくれたので、「ああ!僕を祝ってくれているんだ!」ということに
ようやく気付きました(遅いよ)。

DSCN0038.jpg
*ケーキ点火!ぶれまくり。。。

DSCN0039.jpg
*カラオケ屋にて。ハート型に並べられたロウソクの中で、
ケーキを持って座らされる。何があるかと思ったら皆笑っているだけだった。。。


次の日の授業でも、何と生徒たちが事前にケーキ&シャツを買ってきてくれ、
祝ってくれた。
誕生日
*誕生日ケーキ♪

誕生日シャツ
*いかした黄色T

とても嬉しかったが、
「先生、次は歌ってください」と言われ、恥ずかしながら歌うと、
「んー、じゃあ次はダンスいこうか」ということになり、ソーラン節を踊る。

すると、「じゃあ、次は外行こっか」ということになったとき。
「これはどうやら授業をこのまま終わらそうとしているな!?」
と気付き、生徒たちの反感を買いながらも、授業を完遂した。危ない危ない。

誕生日集合
*集合写真。いやー照れますな。ありがとう皆!


その他にも直接メールをくださった日本の友人たち、本当にありがとうございました。
かつてないほど祝ってもらった26歳になりました。

昨年の今頃は、、、確か会社の業績がやばすぎて、社長から重大発表があったな。。。
そのことに気をとられ過ぎて、すっかり誕生日なんか忘れていた。
当時の自分はまさか26歳をベトナムで迎えているなんて、思ってもいなかった。

人生って本当に何が起こるかわからないし、だからこそ生きていく面白さが
あるんだなと感じている。

ということで、折角なので「今」感じている気持ちを記録したいと思います!

フエで働かせてもらい早6ヶ月。最初フエでの仕事を頂いたとき、
「ああ、、、フエって魚の名前ですか?」と言って
「それはクエだ」と怒られていた頃を懐かしく思う。

4月から6月は、フエでガイドの日本語を教える仕事、7月はダナンでガイドの日本語を教える仕事。
そして8月は、フエ観光局と日本語ガイドさんたちと「フエ観光盛り上げるべ」ということで、
ガイドさんたちとの勉強会をやろうと企画したり、
9月からは、3ヶ月の間で出来たご縁で、フエ外国語大学で働かせてもらうことになった。

そして今は、日本語教師をやりながら、
ガイドさんたちと日本人観光客の方たち向けのツアーを企画したりしている。

ベトナムに来る前に決まっていた仕事はボランティアだったため、
仕事があるうちになんとか次の仕事を創るor就くしかなかった。

これに関してはほんとーにあてがなかった。
ビザの更新も迫っていたし、そのままの状態が続けば日本へ強制帰国
しなければならないところだった。

そんな中でも、ごちゃごちゃと動き回ることで、色々なことが分かってきた。
例えば、フエでは日本語教育が盛んであること。
しかし日本人が少ないので、非常に困っている状況であること。
そこで、大学にお願いしたところ外国人講師として雇ってもらえることになった。

また、観光の面でも、政府(観光局や経済局)や旅行会社は日本人観光客にきて欲しいと思っているが
「日本人がこちら側にいないのに、どうすりゃいいの!?」と困っているという状況だということが分かった。
だから、こんな若造でも求められることがある、出来ることがある。

日本では「もう自分は完全に終わった」と思っていた。
けれども、「日本人」であるだけで、求められ、必要とされる地域が、まさか海外にあるとは思ってもいなかった。
こればっかりは、現地の人たちとつながりを作り、話さないと分からなかった。

人生でこの半年ほど「日本人であること」を意識したことはないし、
ベトナムから見ると、日本はまだまだ魅力的な国なんだということにも気付かされました。

ないない尽くしな自分が唯一持っていた「日本人」であること。
それだけで成り立つ仕事があり、求められる余地があること。
これはもう過去の記事で何度も書いているが、日本の先輩たちのお陰だ。

だからこそ、その遺産を食い潰すことだけはしたくない。
1984年9月30日に生まれた僕。
この混沌とした時代に生まれ、今ベトナムで働かせてもらっていること。

世界中全ての人を幸せには出来ないかもしれないが、せめて自分が関わっている周りを
少しでもよくしたい。そのために自分は一体何が出来るんだろうか。
もし神様がいるとしたら、一体自分に何を求めているんだろうか。。
(と、柄にもなくそんな高尚なことを考えてしまう。たまには真面目になりまっせ)。

日本にいた頃は「海外で働く」といったら、商社やメーカーなど大企業の
ごく限られた人たちが何年も頑張って、出世をするための一環として、海外に出ていく
ものだとばかり思っていた。

仕事経験も少ない、語学も出来ない、しかもどこにも所属していない日本の若造が、
いきなり飛び込んで仕事をするなんて、考えられないこと。

ただ、兎にも角にも飛び込んで見た身として思うのが、その地には
何十年、何百年と代々住み続けている人たちが日々一生懸命生きていて、
文化を大切にして暮らしているということ。
そしてその現場では、語学スキルよりも「友達になる」ことの方が大切だということ。

友達になるには、堅苦しい語学スキルなんていらない。
まずは、相手の言語で挨拶をして、後は笑顔で、一緒に食事をすれば、友達になれる。

これは、逆の立場で考えると、日本人も同じことを思うだろう。
「言ってることは良く分からないけど、一生懸命自分の母語を話そうとしてくれている外国人」
に対して嫌な顔する人なんかいない。

むしろ、もっと言葉を教えたいと思うし、折角自国にきてくれたんだから、
何か美味しいものを沢山食べてもらいたいと思うのが世界共通の人情だと思う。

そんな当たり前なことに、僕は日本にいるときは気付けなかった。
「海外で働く」際によく言われいたことが「語学スキルと日本での経験が必要だ!」
ということであった。それがない自分には海外なんて関係ないことだと思っていた。

しかし、今ではその話は、海外を「マーケット」として見て、
「ビジネス」をする時の話だと思っている。

そうではなく、その国を「生活の場」として考えたい人。
そして、その国の人たちと住み、文化を知りたいという思う人。
その延長線上に仕事をしていきたいor創っていきたいと考えている人にとっては、
海外は思っている以上に身近な存在であると思う。

「日本語」を使った仕事が存在していること。
「日本人である」だけで求められる現場があること。

上記のような要望は、東南アジアにおいてまだまだ存在しているし、
日本人である僕達はこの資産を活かさない手はない。

だからこそ、「いきなり海外に出る」という選択肢は限られた人の話ではなく、
日本人であれば、誰にも開かれた道であるとさえ思う。

とはいえ、自分はまだ何も出来ていない存在である。
だからこそ、ここの人たちと一緒に仕事をつくっていきたいし、
中途半端なままでは日本へは戻れない。
自分が納得できるまで、この地で、言葉を覚え、文化を理解し、
そして仕事をつくっていきたいと思う。

最後になりますが、本日とある友人とスカイプで話していて感じたことを。

彼女は日本でも有数の大手企業で働いて、しかも抜群の成績を
あげている。しかし、そんな中でも絶えず自分に満足はしていなくて、
常に自分の道を模索し続けている。その姿が、周りの心を動かし、
彼女の周りにはいつも素敵な人たちが集まっている。

そんな彼女から頂いた言葉。

「去年から比べると、たった一年でこれだけ環境が変化して、
色んな人と関わりを持つことが出来たのは凄いと思うよ。
だから、あと1年、2年経ったらもっと面白いことになっていると思うし、
これからの川村が本当に楽しみだよ


自分では全く意識していなかったが、確かに言われてみればそうかもなと。
だからこそ、まだまだ出来ていないこともあるし、やりたいこともあるから、
この地で頑張るぞと思う。

そして何よりもこんな言葉を投げかけてくれる友人を持てたこと、
まずはそれ自体が本当に嬉しい。
彼女を始めとして日本の友人たちがいなかったら、僕は何も出来ない。

傍から見たら、「若造が何を言っとるんだ。こいつはアホか」と感じると思う。
しかし、友人たちは、そんな世間一般な考えを言うどころか、
一緒に仕事づくりを手伝ってくれている。

僕も同じような立場に立たされた友人や、将来、自分のような無謀だと
思われることをしている若造に出会ったとき、頭ごなしに否定するのではなく、
僕の友人のような態度で接することの出来る人になりたい。

そして、何だか良く分からないけど、取り合えず行動し続けて、
壁にぶち当たりながらも一歩ずつ進んでいく、そんな人かっこわるいけど
かっこいい人でありたい。

以上です。長くなってしまいましたが、本日はこの辺で。
これからもどうかよろしくお願いします!

川村

10 Comments

  • Name:mossko
  • おお。。!

    僕らの世代のこういった行動から日本の持つ閉塞感や未来を変えていけると思います。

    ぜひ後に続きたい。
  • 2010/10/13 11:49 | URL 
  • Name:ともひ
  • 去年、思い出すなぁ。
    あの日々があったから今があるんやね。
    感謝。
  • 2010/10/13 13:35 | URL   [ 編集 ]
  • Name:yo-hei
  • 遅ればせながら、
    誕生日おめでとうございます♪

    やっつさんののびのびとした「らしさ」がにじみ出ていて、読んでて素敵だなと思いました。
    あーベトナム行きたい!
  • 2010/10/14 00:10 | URL 
  • Name:ゆき
  • こちらにも!
    昨日はありがとうっ。スカイプの向こうから
    ベトナムのにぎわいが聞こえてきて、
    やっぱりちゃんと話すのっていいなあと思った。メールの何百倍も温度感伝わった。

    やっつが体に染み込ませてる"実感"を効かせて
    今必要だと思うことを積み上げていったら、
    きっと気づいたらすごく遠いところに辿り着けて
    いるんだろうなあと思ったよ。
    考えやエネルギを皆で交換しながら、きっと色んなもん作っていけるよね。
    がんばります。
    楽しみね!!
  • 2010/10/14 01:58 | URL   [ 編集 ]
  • Name:川村
  • >mosskoさん

    コメントありがとうございます^^
    僕達の世代で、何か新しい動きを作って
    行きたいと密かに思っています。

    一度ぜひ語らえたらとおもっちょります(キリッ

    >ともひ

    コメントあざっす。あの日@が懐かしい笑。
    引越し先から探したもんな。。。

    今の積み上げだなと最近思います。

    >よーへい

    お!久しぶりー^^元気でやってる?
    密かにブログみてるよ。
    俺は多分相変わらずです笑。
    一度遊びにきてね。
    よーへいには特にきて欲しい。

    >ゆっきー

    こちらこそー^^
    周りがうるさくてごめんね。
    >やっつが体に染み込ませてる"実感"を効か
    >せて今必要だと思うことを積み上げていっ
    >たら、きっと気づいたらすごく遠いところ
    >に辿り着けているんだろうなあと思った
    >よ。

    今まさに実感を積み重ねているところです。
    これから先、どんなことになるのかは
    想像もつかないけれども、
    ゆっきーが日本で感じてる実感と
    僕がベトナムで感じている実感を
    掛け合わせたら、何か面白いこと作れそうだね。作りたい!

    というわけで、これからもよろしく♪
    勝手に巻き込みます笑
  • 2010/10/15 11:47 | URL 
  • Name:S.Inui
  •  ふとしたきっかけで、川村さんのブログを見つけました。今年のフォーラム以来ですね。こういうコメントを読むと、何だか眩しくてくらくらしてしまいますね。一昨年?の夏が嘘のようですよ。
     家人とも語り合ってしまいました。そちらにはとても行く余裕がありませんが、ブログを楽しみにしています。
     失礼しました。
  • 2010/10/15 15:15 | URL 
  • Name:かわすみ
  • ツイッターでフォローさせていただいてます名古屋の町工場の親父です。
    遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます。
    そして退院もおめでとうございます。

    小さい町工場が海外調達ということを目指しています。
    みんなが良く馬鹿にしてくれます。
    絶対に成功させるという思いで頑張ってます。

    このブログに大変勇気付けられました。

    ありがとうございました。

  • 2010/10/16 00:37 | URL   [ 編集 ]
  • Name:川村
  • >乾さん

    お久しぶりです!なんとブログを見て
    頂けていたんですか><うれしいです。

    その節は大変お世話になりました。
    あの時はまさか会社でとんでもないことになり、ベトナムにくるとは思ってもいませんでした。

    「サラリーマンだねー、もっと違う見方があると思うよー」

    乾さんのご自宅でお食事をさせてもらっている時に、おっしゃってくれた言葉を未だに覚えています。

    また乾さんの手料理を食べられる日を
    楽しみにしながら、ベトナムで奮闘して
    参ります。

    >かわすみさん

    コメントありがとうございます!
    ツイッターでも一度やりとりさせて
    頂きましたね^^

    実は僕の故郷は名古屋かつ、
    親父がガラス屋さんを営んでいます。

    不思議なご縁を感じるので、
    これからもよろしくお願いします。

    また、ベトナムにお越しの際は、
    ぜひお話させてください。

    これからもよろしくお願いします。

  • 2010/10/16 15:03 | URL 
  • Name:Fuku
  • 川村さん、おめでとう。

    とある9月、目の前に山茶花が咲く縁側にて。

    あのときあなたに出会えてなかったら、今はない。
    本気で口説かれなかったら、僕はこんなに動いていない。

    あれがなかったらきっと。
    サルとイノシシとタコとスズキと一緒に。
    自然の中で遊んでもらっていたと思う。

    思い返すと、溢れそうになります。
    この感じを、忘れるもんか。

    みんなで分かち合う喜び、そのしあわせを教えてくれたかわむらさん。
    あらためて、感謝の気持ちが溢れています。
    いつも、ありがとう。
  • 2010/10/19 15:35 | URL 
  • Name:川村
  • >福ちゃん

    素敵なメッセージありがとう。

    もう去年が懐かしいね。
    お互い、あれから色々と周りが動いているね。

    あの縁側が懐かしいな。
    あの時、僕は本当に福ちゃんが素敵だと思ったし、
    だから沢山の人に福ちゃんのあり方知って欲しいと思いました。

    また、どんどん福ちゃんが進んでいく姿を見て、
    僕自身、何度も奮い立たせられたし、だからこそ
    ベトナムで、もっと頑張らないとな。と思えます。

    いつか、福ツアー@ベトナムやりたいね。
    ここはまだまだ「作る」文化が残っているから、
    福ちゃんにとっても新たな学びがあるかも。

    俺も一時帰国したら高知に遊びにいきたいな。
    おいしい自然薯ご飯と、おつまみ、お酒を片手に
    火を囲みながら語り合いたい!

    また会える日を楽しみにしてるね。

    川村
  • 2010/10/21 16:55 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/82-32c8b77f

プロフィール

Twitter

フエのおいしいお店情報
随時更新中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。