上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:あや
  • いい記事!
    わたしも好き勝手やらせてもらっているのは家族のおかげなのだなーとしみじみしています。サマーウォーズ、よかった!
  • 2010/08/20 04:27 | URL 
  • Name:大倉
  • 家族って大事ですよね!ベトナムの方は特に家族を大事にしているというのを感じます。日本もそこんとこ見習わなければなーと思いますね。
  • 2010/08/21 09:56 | URL 
  • Name:川村
  • >あやちゃん

    サマーウォーズいいよねー。
    一番大切な人はないがしろにしてしまいがち
    だから、足元見て動いていきたいよね。。。
    そういえば、今日久しぶりにダナンにいったよ。ええまちやった。。。

    >大倉さん

    コメントありがとうございます^^
    ベトナムは今でも昼飯夜飯は家族で
    食べていますからね。

    そこは本当に見習いたいです。
    ベトナムの家族の方達と飯を食うと
    とてもおいしいんだよなー。

  • 2010/08/21 23:58 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/79-1dad43c7

家族

2010/08/19カテゴリ:ベトナムフエ仕事奮闘記

最近、フエは涼しくなってきた。

午後には雨が降ることも多くなってきて、
夕方はとても過ごしやすい。

さてさて、実は先週ベトナム最大の都市、ホーチミンに行ってきた。

親父の従兄弟の方が15年以上前から、ベトナムで工場を運営されており、
折角ベトナムにいるならということで、こんな若造のために
お会いしていただけることになったのだ。

とはいえ、正直、最初は気が進みまなかった。
これまで、親に背を向けていたし、今も背を向けているので
親族の方に会うのは、ちょっと気が引けたのが大きな理由。

しかし、じっくりお話をしていて、ホーチミンにいって、お話させてもらって
本当によかった。

実は僕の親は名古屋でガラスメーカーを経営している。
じいちゃんが戦後に創った会社で、親父は現在2代目として
がんばっている。

よく「継がないのか」と言われるけれども、今は全く継ぎたいとは
思っていない。

とはいえ、親とは全く連絡を取っていないかといわれれば
メールで少しだけれどもやり取りをしているし、親として尊敬している。
ただ、どうしても素直になれない。

会社の状態は、これまで順風満帆だったわけではないにも関わらず
子供にはお金の面で苦労させたことはなかったし、大学も自由に行かせてもらった。

だからこそ、そこには感謝しつつも、どこか一人でも生きていける力を身につけたい
という気持ちもあって、今はベトナムにいる。

それにガラスが好きではないという理由もあり、これまで親の仕事、
そして親の会社には目を向けてこなかった。

しかし、今回、親父の従兄弟から、親父の子供時代の話からじいちゃん、
そして当時の川村家の様子がどんなものだったかを聞かせてもらうことが
出来、自分のルーツを見たような気がした。

親父が育った年代は丁度高度経済成長の時。
じいちゃんも会社を成長させようと、毎日寝る暇もなく
働いていた。

そして、その会社を支えようと家族総出で助け合っていたとのこと。
働き手が足らないから、親父のおばあちゃんまで総出で、
毎日毎日働いていたらしい。
(*当時、親父はばあちゃんの料理が好きではなかったらしく、
  従兄弟によく愚痴をこぼしていたらしい笑)

また、親父は3人兄弟の長男なのだが、高校時代は全く手伝わず
よく怒られていたという話から、近所の喫茶店で、従兄弟を
連れて行ってはダベっていた話などを聞いて、僕は親父似だという
ことを確信した。

この話を聞いて、恐らく当時は映画「三丁目の夕日」に似たような
光景だったと思うし、話を聞いていても何かとても嬉しくなった。

かつて、家族総出で会社を手伝っていたという話なんか
これまで生きてきた25年間、一度も聞いたことがなかった。

そして、親父がだらけていた時代も、うすうすそうなんじゃないかと
思っていたが、実際そうだったと聞けて、自分の親なんだなとクスッと笑ってしまった。

僕の家族はよく兄弟・親とも仲が良いといわれる。
言われるまでは気づかなかったが、実際そうだと思う。

今は3人兄弟とも地元を離れ、東京にいるが(僕も19歳から24歳まで東京)、
弟にはよく恋愛相談したし、励まされたりもした。2年間同居もしていた。
今思うととても楽しい時間だった。

姉ちゃんとは、よく2人で飯を食いに行っていたし、そういえば
一緒に就活もしていた。

親にも失恋したときは相談していた。

印象的だったのはおかんから

大丈夫。今のお父さんなんて、最初は3番目の人だったんだから。

という少なくとも息子にはいってはいけないであろう素敵な(!?)アドバイスをもらったこと。

今思い返しても、ワイワイした家族であると思う。

今回、従兄弟から、僕の知らない親父のこと、そして家族のことを聞くことが
出来、自分のルーツを知ることが出来たように思う。

と、同時に、いつまでも背を向けていてはいけないなと。

じいちゃんと親父が人生をかけて創ってきた会社。
今の僕は間違いなくその恩恵を受けているし、いつまでも見ないフリをしていては
いけない。

足元がふらついているときはろくなことが起きないということは経験しているが、
自分にとっての足元はまさに家族。

継ぐ継がないかという以前に、まずは家族のことを知りたい。
今回の話を通じて、素直にそう思いました。

そういえば、最近おかんは元気だろうか。
ばあちゃんも元気かな。ベトナムに来る前にちょっと体調が悪そうだったから心配だな。
じいちゃんは相変わらず仕事しているんだろうか。

弟は就活終わってフィリピンいったとか行ってたな、何してんだろ。
姉ちゃんは東京で働いているけど、ちゃんと休み取れているんだろうか。

このホーチミンでの一件。
そしてこの前後輩がもってきてくれた「サマーウォーズ」
を読み、久しぶりに家族を思い出しました。

サマーウォーズ (角川文庫)サマーウォーズ (角川文庫)
(2009/07/25)
岩井 恭平

商品詳細を見る


あー、ドラ息子だな。

最後に従兄弟の方から言われた言葉がずっと残っている。

「人に頼れることも強さの一つ。肩の力を抜きなさい」

うーん、いつの間にか気張っていたのかな。

まずは親に一度近況報告のメールをしよう。
そんなことを思った夏の1日。

3 Comments

  • Name:あや
  • いい記事!
    わたしも好き勝手やらせてもらっているのは家族のおかげなのだなーとしみじみしています。サマーウォーズ、よかった!
  • 2010/08/20 04:27 | URL 
  • Name:大倉
  • 家族って大事ですよね!ベトナムの方は特に家族を大事にしているというのを感じます。日本もそこんとこ見習わなければなーと思いますね。
  • 2010/08/21 09:56 | URL 
  • Name:川村
  • >あやちゃん

    サマーウォーズいいよねー。
    一番大切な人はないがしろにしてしまいがち
    だから、足元見て動いていきたいよね。。。
    そういえば、今日久しぶりにダナンにいったよ。ええまちやった。。。

    >大倉さん

    コメントありがとうございます^^
    ベトナムは今でも昼飯夜飯は家族で
    食べていますからね。

    そこは本当に見習いたいです。
    ベトナムの家族の方達と飯を食うと
    とてもおいしいんだよなー。

  • 2010/08/21 23:58 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/79-1dad43c7

プロフィール

Twitter

フエのおいしいお店情報
随時更新中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。