上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:ねこ
  • ねこです。

    こんなにブログが稼働してるなんて知りませんでした。
    元気でやってるようで何より!

    すごいなぁー
    めっちゃフエに行きたくなりました。

  • 2010/05/16 00:56 | URL   [ 編集 ]
  • Name:川村
  • >ねこ

    お!コメントありがとう!
    ブログの存在に気づいてくれたのね笑。

    ベトナムの広告は本当にまだこれからだから、
    一回視察に来てくださいな(経費で笑)。

  • 2010/05/18 02:33 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/60-94200b07

Chào!Tôi Kawamura

さてさて、ベトナムに来させて頂き、早1ヶ月ちょっと。
本当に何もない状態からのスタートでしたが、まずは「みんなと仲良くなろう!」
と思い、魂で会話をしていたら、なんだかんだみんな仲良くしてくれるようになりました♪

最近では「先生、いつ結婚する予定ですか?そんなんでは乗り遅れますよ(ビ・エーゾーイ)」
といじられる始末。日本と全く変わらない接し方をしてくれる生徒たちに感謝(笑)!

さて、着々と現地化が進む川村です。皆様お元気でしょうか。

このGWは沢山の友人たちがベトナム(フエ)へ来てくれました!

まずは、大学時代からの腐れ縁である友廣裕一君と、彼女がフエを訪ねてきてくれました。

彼との出会いは大学一年生の春。お互い一浪して上京してきた者同士であることと、
「何がやりたいのか分からないけれども、何かやりたいんだ!」という気持ちが重なり、それ以来何かと一緒に行動することが多く、今までそのご縁が続いております。

僕にとって、彼はいつでも刺激を与えてくれる存在です。

彼は、いわゆる世間一般的に「良い」と言われていることに常に疑問を持ち続けている人間です。
「それって本当に大切なことなのか?」を常に考えています。
そのため、現場に足を運び、自分の五感で確かめたことを大切にしています。
その姿に、皆、どこか惹かれるものを感じたため、彼を応援する人は数多いです。
僕もその一人であります。


そんな彼は大学卒業後、いわゆる就職活動をせず、「日本の未来は限界集落」のあり方にあるんや!」
ということで、日本全国を旅に出ていました。

今は、その旅から得たご縁や知識を、周りの人にも伝えることを仕事にしようと、
ムラアカリをゆくツアー」を企画しています。
(彼が旅の途中に訪問した熊本県水俣市の吉本哲郎さん)との出会いは衝撃的でした。ぜひログを見てみてください)

今回のベトナム・フエツアーは、ムラアカリをゆく~番外編~ということで、
海外でのムラアカリツアーの可能性を探るべく(と同時に僕がだらけていないかを確認するため笑)
GWを利用して来てくれました。

友廣君と久しぶり会えることはもちろん、彼経由で前々から話したかった松林さんとも
お話出来るということで、楽しみにしておりました。

しかし、一体何をしたら喜んでくれるのだろうか。。。
まだフエに来て一ヶ月。おいしいお店も分からないし、場所もあまり知らない。

ということで、僕のガイドの授業を受けてくれている生徒たち(約35人)と一緒に
「フエツアー」を企画することにしました。

生徒たちもまだ一度もガイドをしたことがないため、てんやわんやな状態で企画づくりが始まりました。

「フエって何があったっけ?」
「あの店って日本人には合うかな?」
「俺、ぶっちゃけあんまりフエのこと知らない・・・先生助けて!」

などなど、かな~り右往左往したのですが、何とか企画が出来上がる。
幸いにも、リーダーのチーさんはかなり日本語が堪能(6月~8月まで石川県金沢市で留学するそうです。
金沢在住の方、良かったらあってみてください!)かつ、僕より真面目な方だったので、
彼女が仕切ってくれたことにより、無事ツアーを企画することが出来ました。


■前日(4月30日)~ともひろ君・松林さん到着~

その日、僕は完全にだらけていた。
4月30日はベトナムの解放記念日ということもあり、街中はお休み気分。

ということで、生徒たちと一緒に海へゴー!
PICT0267_convert_20100507133614.jpg

*フエ市内からバイクで15分くらいの海岸。大学生と思しき集団が愉しそうにはしゃいでいる。

日本の海にはないゆっくりとした時間と、のんびりしているベトナム人たちの姿を見て、
自分もほのぼのしながら生徒たちと談笑する。

そんなこんなで、時間がたち、気が付けば夜の7時半。

「そういえば、友廣たちが来るのは、8時半だったような・・・!!!」

ということで、空港まで迎えにいくのをすっかり忘れており、急いで空港へ
向かう。

途中生徒たちに「先生はいけませんね~。もっと余裕を見て行動しましょう」
諭される。本当にごめんなさい。

途中、ともひろたちのヘルメットを用意していないことに気づき、途中で
急いでヘルメットを買う。(*2個でなんと6万VDON=300円)

そのときも生徒たちに「先生はだらしないですね~。事前に買っておきましょう」
とお叱りを受ける。すみませんでした。

そんなこんなで、急いでフエ空港に向かう我々一行。

空港へ着くと、既にハノイからの飛行機が到着していた模様。
「おーいおーい!ともひろ~」と皆で叫んでいたら、丁度ともひろが現れる。
松林さんも一緒だ。

がっちり握手をして、その後生徒たちのバイクに乗せてもらい、フエ市内へ
移動。

その日はそのまま就寝。

*余談
フエ市内は、9時を過ぎるととても静か。かつ、道が広いため、バイクで移動すると
とても気持ちが良い!
フエ空港から市内へお越しの方は、送迎致しますのでご連絡ください^^

■1日目(5月1日)~ツアー本番!~

・AM9時「集合!」

いよいよツアー開始。

ホテルの前に集合することになっていたのだが、その数総勢20人!
PICT0289.jpg
*上記写真はフエ都城で撮った集合写真。

これはカオスな予感。。。ということで、ツアー開始!

・AM9時半~AM11時半「いざ、フエ都城へ」

フエの世界遺産の一つ。フエ都城に到着。
この日は、他の観光客も多く、非常ににぎわっていました。


フエ都城は、ベトナム最後の王朝「グェン王朝」が使用していた
宮殿のことです。フエといったらフエ都城と言われるぐらい有名な場所です。

当然、フエ在住20年以上の生徒たちは、詳しく知っているだろうと思いきや、

「先生、あの建物はなんていう名前ですか?」
「先生、あの銅像はじめてみました」
「先生、のどが渇きました。水を買ってきてください(ぉぃ」

など、のっけから予想を上回る反応をしてくれる生徒たち。

甘かった、、、よくよく考えれば、僕も地元のことあんまり知らないな。
ベトナムでも同じなんだ。。。と妙に納得しつつ、それでも折角の機会なので、
生徒たちと一緒に「地球の歩き方@ベトナム」を片手に、日本語で解説をする。

PICT0292.jpg
*囲まれる友廣君たち

PICT0333.jpg
*はしゃぐ生徒のハン君。

途中からは、解説を忘れ、日陰で休む生徒たちや、完全につかれきってしまった生徒たちを
何とか励ましながら、無事フエ都城の解説を終える。

あっという間にお昼時になったため、次は昼食を食べることに。
この時、偶然一人旅に来ていた、東京在住のたけし君と出会い、なぜか一緒にご飯を
食べることになる。

・AM11時半~12時半「たけし君、まさかの放置」

早速昼食へ。この場所を決めるにも生徒たちととても苦労した。
まず、日本人が何を食べたいのか分からない。どのレベルの綺麗さが
日本人には合うのか。などなど、悩みに悩んだのですが、
結局、「普段のフエを感じてもらおう」ということで、ローカル店へ行くことに。

PICT0367.jpg

こちらが、「ブンティッヌオーン」という日本で言う油そばのようなものです。
備え付けのピーナッツのタレをかけて食べます。
さっぱりしていてとても美味しく、価格もなんと15000ドン(=75円)。

どうやら地元ではかなりの人気店らしく、店内はとてもにぎわっていた。
PICT0374.jpg
*雑談に興じるともひろ君


そんなこんなで楽しい時間をすごし、店を後にする。
次は「ティエンムー寺」というところに行く予定であったが、たけし君も丁度行きたい
ということで、一緒にいくことに。

皆、バイクに乗り込み、いざ出発!

・・・しかし、途中でたけし君がいないことに気づく。

僕:「あれ?たけし君は誰が乗せてきたの?」
生徒:「え?誰かが乗せると思って、置いてきましたよ」
僕:「!!?」

ということで、勝手に連れてきた挙句に、見知らぬお店で放置してしまったことが発覚。
急いで戻り、たけし君を救出。本当にごめんなさいでした。

うーん、伝えたつもりが伝わっていないんだなと実感。
コミュニケーションは難しいですな。

と、ここまで書いたところで、午後に移ります。
かなり長くなりますので、今回はこの辺りで〆ます。

午後はもっと面白くなったので、また近日中に執筆します!

2 Comments

  • Name:ねこ
  • ねこです。

    こんなにブログが稼働してるなんて知りませんでした。
    元気でやってるようで何より!

    すごいなぁー
    めっちゃフエに行きたくなりました。

  • 2010/05/16 00:56 | URL   [ 編集 ]
  • Name:川村
  • >ねこ

    お!コメントありがとう!
    ブログの存在に気づいてくれたのね笑。

    ベトナムの広告は本当にまだこれからだから、
    一回視察に来てくださいな(経費で笑)。

  • 2010/05/18 02:33 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/60-94200b07

プロフィール

Twitter

フエのおいしいお店情報
随時更新中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。