上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:かわむらやすひろ
  • サカナさん

    ありがとうございます!
    ベトナムに関心がある者同士、
    これからもどうかよろしくお願い致します!


    > 川村さま
    > 突然の書き込みで失礼いたします。
    > はじめまして、サカナと申します。
    > 以前、カラツさんのベトナムで働くセミナーに参加し、
    > 川村さんのご活躍を知りました。
    >
    > 一昨年、HCMで就職活動をしましたが、全て惨敗!
    > 現在は、契約の仕事で日立市内で働いています。
    > 職場は写真にある大学のすぐ近くです!!
    >
    > 今まで、日系企業に就職を希望する(または日本へ留学を希望する)
    > ベトナム人のサポートをしてきました。
    > 様々なボランティア活動の経験は豊富ですので、
    > 何かお役に立てることがありましたら・・・、と思いまして
    > メッセージを残しました。
    > ベトナム人留学生を応援しています!!!
  • 2013/04/01 19:08 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/152-4f232759

お久しぶりです!川村です。
実は昨年10月から今年2月まで日本に一時帰国中です。

2年半振りの日本での長期滞在&仕事。
自分が如何に日本流の仕事が出来ていなかったかを痛感中です。

とはいえ、こうして行ったり来たりしながら仕事させてもらえる機会
を頂いているので、地道にかつ着々と仕事をして参ります。

さて、折角の日本滞在なので、「日本にあるベトナムを見よう!」
ということで、週末はあちらこちらに行ってました。

Thuy&Hugo@茨城
(茨城キリスト教大学に留学中の生徒たちとの一枚。
真ん中のおデブさんは気にしないでください)

最初は茨城キリスト教大学へ。
フエではとても仲良くしてくれたThuyさんとHugoさんに会うべく、常磐線に乗ってトコトコ行って参りました。


正直、最初は「何かしてあげられることはないかな」という態度で彼女たちのところに行きました。
日本に来てまだ半年。何もかもが初めの土地での不安もあるんじゃないかと。
僕がフエに行った当初はとても不安だった。だけど、友達が出来て、色々と構ってくれることで
やがてその土地が好きになっていった。

自分がされて嬉しかったことを彼女たちにもしたい。いわば
「何か助けてあげよう!」という気持ちで向かいました。


Hugo.jpg
(茨城で開催された日本語スピーチコンテストの様子。なんと1位になったとのこと。)


電車に揺られること、約3時間。大甕(おおみか)駅に到着。
そこにでThuyさんが待っていてくれました。

28歳のおっさんが突然訪ねたにも関わらず、とても喜んでくれた。
何て優しい子なんやと自分も泣きそうになりました。

その後、彼女の学校に行ったり、ごはんを食べながら
良い意味で期待を大いに裏切ってくれました。

20121208_214302_convert_20130126161311 (2)
(ファミレスに行ったときの写真。色々奢らされました)


外国人として違う国に住むのは想像以上に大変なことです。
でも、彼女たちの場合は、心ある日本人と大学の皆さん、そして
同じ留学生の皆さんと協力し合いながら、とても逞しく生きていました。

日本語だってとてもうまくなっていた。
日本食だってとても美味しいものを作れるようになっていた。
友達も沢山出来ていた。

日本に来たばかりの頃は苦労したことはあっただろうし、
今でもあるのだと思います。

でも、それらを一つひとつ乗り越えて、逞しく学んでいる姿に
驚きました。

「川村さんは今、きちんと生きていますか?」

と彼女たちの背中から問われたように思います。

「何か助けになれることはあるかな」
と思い、訪ねたにも関わらず、逆にこちらが
「しっかりやれよ!」と叱咤激励を頂いてしまった。

はい、これからはもっと頑張りますよ!!!

ということで、初めてのベトナム人留学生訪問記となりましたが、
いかがでしたでしょうか。

彼女たちの逞しさ+彼女たちを支える日本人の方達の姿
を目の当たりにして、改めて「留学」は本人にとっても、周りにとっても
意義のある活動なんだと実感しました。


2011年度の調査によると、日本へ留学しているベトナム人の総数は
約4000人とのこと。しかも年々増えてきている。

「日本→ベトナム」という流れだけではなく、
「ベトナム→日本」という流れも加速していくに違いない。

その流れの中で、一日本人である自分は何が出来るのか。
また両国の関係、日本とASEAN諸国の関係、もっと視野を広げ
どんな社会にしていきたいのか。

こうしたことはベトナムにいくまで考えたこともなかったな。
改めてベトナム、ベトナム人の皆さまには感謝しています。

これからもどうかよろしく!

川村

1 Comments

  • Name:かわむらやすひろ
  • サカナさん

    ありがとうございます!
    ベトナムに関心がある者同士、
    これからもどうかよろしくお願い致します!


    > 川村さま
    > 突然の書き込みで失礼いたします。
    > はじめまして、サカナと申します。
    > 以前、カラツさんのベトナムで働くセミナーに参加し、
    > 川村さんのご活躍を知りました。
    >
    > 一昨年、HCMで就職活動をしましたが、全て惨敗!
    > 現在は、契約の仕事で日立市内で働いています。
    > 職場は写真にある大学のすぐ近くです!!
    >
    > 今まで、日系企業に就職を希望する(または日本へ留学を希望する)
    > ベトナム人のサポートをしてきました。
    > 様々なボランティア活動の経験は豊富ですので、
    > 何かお役に立てることがありましたら・・・、と思いまして
    > メッセージを残しました。
    > ベトナム人留学生を応援しています!!!
  • 2013/04/01 19:08 | URL 

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/152-4f232759

プロフィール

Twitter

フエのおいしいお店情報
随時更新中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。