上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/101-86502a19

昨日から続いての投稿です。

日本が大変な時だからこそ、海外にいる自分がしっかりと
この国に役立っていくことが自分の役割だと思っています。
ですので、これまであった出来事を報告していきます。

まず、3月10日(木)~3月17日(木)まで以前から企画させて頂いていた
「チェンジメーカー留学inベトナム」が開催されました。

ベトナムに来てから沢山の縁を頂き、企画することになった
このツアーに、僕は人一倍思い入れを持っていました。

さらに、3月11日には未曾有の大地震が発生し(参加者の方々の関係者は無事でした)、
色んな意味で忘れられない1週間となりました。

沢山の想いが交錯して、中々まとめられないのですが、
この記憶が薄れてしまう前に、書き留めておきます。

以下4の構成で前半、後半に分けて書かせて頂きます。

[前半]
1:チェンジメーカー留学の目的
2:企画されるまでの背景
3:内容
[後半]
4:学び
5:最後に

IMG_1997_convert_20110401232112.jpg
*デコボコ道。通ると必ずパンクするという素敵な道。

IMG_1788_convert_20110401233125.jpg
*ダナン空港で参加者を待つベトナム人学生たち。謎のゲームで大盛り上がりしていました。
一体あれは何だったんだろう。。。


■1:チェンジメーカー留学の目的と背景


「自分の足元を見つめ直し、自分に変化を起こすこと」

このツアーはこの目的一点に絞った。
自分自身偉そうに言えた立場ではないことは重々承知の上だが、
それでも、参加者の一緒にチェンジを起こしていきたいと思い企画していた。

僕自身、ベトナムに来てからの1年、試行錯誤を重ねてきた。
うまくいったことなんてほぼないが、、、
その中でも、ベトナム人の皆さんと一緒に何かに取り組み、うまく行ったときは、
すこーしですが、この国でもやっていけるんじゃないかという自信を得ることが出来た。

他の人に誇るための自信ではなく、自分を奮い立たせるための自信。
そんな小さくてささいなことだけれども、それってやっぱり嬉しいもの。

では一体どうしたら自分に変化を起こせるのか。
その答えが出ず、悶々としていたのですが、
僕が(勝手に)師匠としている友成真一先生の下記の言葉を頂いて
「僕が言いたかったのはまさにこれだ!」と思わずにはいられなかった。
さすが師匠。

=========
わたしの専門は「自分経営」ですが、「自分」にチェンジをもたらすには、
現在の「自分」をしばりつけている空間から距離を置くことと、

他者との関係性で新しい試みを実行することが必要だと思います。
そして、ベトナムという異空間の中で、参加された方々はベトナムの人たちとの間で
言葉を超えた新しい関係性を発見することでしょう。

=========

今回のチェンジメーカー留学では、特に以下2点について、
実践したいと思って企画をした。

①「現在の「自分」をしばりつけている空間から距離を置くこと」
→「日本」という国から距離を置くこと

②「他者との関係性で新しい試みを実行することが必要だと思います」
→「ベトナム人」という日本人とは育った環境が違う人たちと
 何か一緒に作り上げること。

これはまさに自分が経験してきたこと。
日本を離れることで、改めて日本人である自分を見つめることが出来た。
今まで話したこともない何もかも違うベトナム人たちと試行錯誤する中で、
自分自身の長所・短所を少しだけでも分かるようになってきた。

こうした1年間の経験を1週間に凝縮して企画しよう。
迷友唐津君とこのような主旨で一致し、企画を作り上げてきた半年だった。

IMG_1919_convert_20110401233542.jpg
*今回お邪魔させて頂いたダナンの保育園。
子供たちが半端ないくらい元気でびっくりした。。。

■2:背景

始まりは毎日エディケーション石渡さんとツイッターでの出会いから。

ベトナムに来た当初は、「多分、君が出来るのは毎日ツイートするくらいだよ」
ととある方に言われていました。

「いやー流石にそんなことはないっしょ」と思い、いざ来てみると、
まさしくおっしゃるその通り!

ですので、日々の出来事をツイートするか、ブログに書いておくことぐらいは
やろうと思い直し、コツコツと毎日発信していました。

そんな中、偶然石渡さんから「あれ、留学コラムに載っていた川村さんですか」
というコメントを頂いたことから動き始めたのです。

さらにその留学コラムというものも、ライターの和田さんが書いてくださった
もの。

実はベトナムに旅立つ前に、「海外で働く」ことをテーマにしたイベントを開催したことがあります。
そこに和田さんが来てくださっていたのです。

話を戻すと、石渡さんと最初お話させて頂いた際には、
チェンジメーカー留学の話はしておらず、「何か出来たらいいですね」くらいの話だった。

そしてその後、話を進めていくうちに、
石渡さん自身がベトナムについて関心を持ってくださり、
「じゃあ、うちでやっているチェンジメーカー留学のベトナム版をやりましょう」
という話になり、そこからは当日までは本当にあっという間でした。。

「仕事は人の縁から生まれる」ということを実感し続けた半年だとも言えます。


IMG_2027_convert_20110401234008.jpg
*チャリンコで旅立つ参加者の皆さん。360度気をつけなければならないため、
危機管理能力が高まります。


■3:内容

大きく分けて、以下の2つに分けて企画していきました。

①「インプット期間=ベトナムで働く日本人・日本の縁のあるベトナム人の皆様から話を聞くこと」
具体的には以下の方たちにご協力頂き、話を伺ってきました。
1:日系工場
2:BPOビジネス(「ビジネスプロセスアウトソーシング」の略)に取り組むベトナム企業
3:個人で活動している日本人訪問
  →日本食料理店・カフェ・ホテル
4:日本への留学経験を活かし、日本式の教育を普及させようと取り組む保育園

②「アウトプット期間=ベトナム人と共に、自分の今あるもので価値を出すこと」

具体的には……
1:フエ市内にある「ミキホテル」さんに協力をして頂き、ベトナム人学生と日本人学生が
 一緒になって、役立てることを企画し、実行する。
ということを実施しました。

ここの具体的な話は参加者の方たちがまとめてくださっているので、
宜しければご覧ください。

原田康平君

てっちゃん

たけぞー君

唐津周平君(運営者の1人)

前半はここまで。後半に続きます。

IMG_1911_convert_20110401234620.jpg
*とある工場で食べた食堂にて。これで約40円。美味しかった。





0 Comments

Leave a Comment




Trackback

http://kawamurayasuhiro.blog36.fc2.com/tb.php/101-86502a19

プロフィール

Twitter

フエのおいしいお店情報
随時更新中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。