最新ベトナムフエ仕事奮闘記の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんと、ホーチミンで、フエ大学の教え子、イケメン、anh君と、ばったり会いました。
みな、ホーチミンにきてるんだね。彼は日系の広告代理店で新入社員として活躍中です。

この前ホーチミンで行われた日本まつりでは、ドラえもんと一緒に司会してました。
がんばろうフエピープル。大好きだ!

cac ban oi,thay gap em anh o hcm,anh ay lam viec o cong ty nhat.anh gioi thieu cho thay gai nhat xinh.cam on anh.nguoi hue la nha que,nhung ma nguoi tot va hien nhat,chung ta co len o hcm,,,thay dang map loi,,,tai sao vay,,,

この前は、偶然、バリアブンタウ省、バリアブンタウ大学で働く教え子から連絡くれました。
丁度、日本語教師を募集しているということで、なんと大学の後輩がそこに働くことに。


ホーチミンライフ。どうなるかと思いましたが、徐々に楽しくなってきました。
マクロの罠にはまらず、ミクロの関係性の積み重ねですね。やっぱり。

今日は短いけど、こんなところで!

chuc ngu ngon!(おやすみ!)

unnamed (1)
*Anh君の晴れ舞台。どらえもんと共に司会進行。かっこいいね。

unnamed.jpg
*Anh君とAnh君と一緒に働く日本人の方と。自分の太り具合が気になります。。。
スポンサーサイト
P3170122_convert_20130517215951.jpg
*じいちゃんとおやじ


久しぶりの更新です。
先月、親父の還暦祝い、そしてじいちゃんの米寿祝いをしてきました。

僕の家族は幸いにも、まだ亡くなった方がいない。
28歳という年齢になってとても珍しいことだと思う。

そんな恵まれた状況だったから、今まで家族のことについては
特に目を向けてこなかった。

けれども、今回思い立ち、ちょうど60歳を迎える父親と
88歳を迎えるじいちゃんの米寿を同時に祝おうと、
2個上の姉と企画し、地元名古屋で祝ってきました。

普段ベトナムにいるので、これを逃したらもう機会はない!
という気持ちで祝わせて頂きました。

P3170097_convert_20130517220127.jpg
*じいちゃんとばあちゃん


結果として、心から今回の会を企画して良かったと感じています。
普段、おやじとじいちゃんは滅茶苦茶仲が悪いんです。


でも、さすがにこの時ばかりは「お互い、今日くらいは今までのことは忘れよう」
と昔話に華を咲かせていました。

そんな親父たちの会話を聞いていて、
家族のことって本当に何も知らないことだらけなんだと思いました。

じいちゃんは大正生まれの人間です。
そのため、第二次世界大戦はもちろん経験しています。

これは米寿祝いの場で初めて知ったことですが、
じいちゃんは、神風特攻隊の隊員であるだけれはなく、回天という
人間魚雷の乗組員であったこと。

そして、台湾で終戦を迎え、生き残ってしまった後悔。
その後、生き残ってしまった者として日本を何とかしたいという想いで会社を設立したこと。
親父は、そんなじいちゃんの姿を見て「会社を継ごう」と思ったこと。などを話してくれました。

二人の間のわだかまりが少しずつ溶けていくようでした。

会わせて、親父に対しても僕は何もわかっていませんでした。

仕事を顧みなかった親父。
小さい頃は、どうしても、母親を擁護してしまっていました。

「この仕事人間が!」と言って殴り合ってしまったこともある。
なんという愚息っぷり。

そんな親父も実は家族想いだったんだと思うことができました。

親父が大学生のとき、大腿骨を骨折したことがあるらしいのだが、
そのとき、ひいばあちゃんが看病してくれたことを思い出して思わず泣いていた。

「いいばあちゃんだった。もっと大事にしてあげれ良かった」と。


じいちゃんがどんな想いで起業したのか、そして会社を経営してきたのか。
そして親父がどんな想いでそれを引継ぎ、今まで働いてきたのか。

全く知らなかった。


こうしたことを知れて、また僕は足元のことを一歩知ったように思う。
そして家族は大事にしていきたいと強く思った。

P3170103_convert_20130517221552.jpg
*囲碁にいそしむばあちゃんとじいちゃん


こんな、当たり前で、大切なことを思い出させてくれたのは
ベトナム人のお陰だ。


ベトナム人と接していると、頻繁に聞かれることがある。
「家族を思い出しますか」
「家族がいなくてさびしくないですか」(←若干大きなお世話だが、、、)

聞いてくるだけあって、彼らは家族を本当に大切にしている。
家族自慢はするし、基本的には一緒に過ごすことを何より大切にした
生活をしている。

最初は「いや、日本人はね。家族を大切にしていないわけではないんだよ。
家族だからこそ、常に一緒にいなくても大丈夫という気持ちで接しているんだよ」
と言っていた。

今もその気持ちに大きく変わりはない。
けれども、どんなに気持ちは繋がっていると思っていても、
年に数回ぐらいは、直接顔を合わせる機会は作った方がいいなと感じています。
特に還暦や米寿のような家族の節目には。

小さいころは、当たり前のように傍にいてくれた
親、祖父母、兄弟、姉妹。
年が経つにつれ、そんな当たり前だった家族と過ごす時間は
どんどん少なくなっていく。

僕の場合、18歳のとき、東京に出てきた。
そして25歳のときベトナムに出てきた。現在28歳。
気が付けば、実家から出て10年の月日が経っていた。

18歳のあの時、少なくとも家族のことなんてわかっている
つもりでいた。

でも、今回の還暦、米寿祝いを経て、僕は何も知らない
大馬鹿野郎だとまたしても気づかされました。

精神的な距離が近いことは大切だけれども、
物理的な距離が近いことでしか分からないこともある。

家族のことはなんとなくこっぱずかしくて、
物理的な距離を置いてしまいがちです。

それでも、その恥ずかしさから一歩を踏み出すと、
改めて家族のことをいとおしく感じる機会になるかもしれません。

ベトナム人に改めて感謝感謝。
これからも足元は大切にしていこう。

何だかしんみりしてしまったので、更にしんみりソングで終えたいと思います。



それではまた。


Vào tháng trước, gia đình tôi đã tổ chức lễ mừng thọ 88 tuổi cho ông nội và 60 tuổi cho bố tôi. Thật may mắn rằng gia đình tôi tất cả mọi người đều vẫn còn sống rất mạnh khỏe. Và đối với một người đã bước sang tuổi 28 như tôi thì tôi nghĩ đó là một điều hiếm có và may mắn. Bởi vì được sống trong một môi trường như vậy nên tôi đã lớn lên mà không mấy quan tâm đến gia đình của mình.
Nhưng lần này, nhân dịp ông nội bước sang tuổi 88 và bố bước sang tuổi 60, tôi cùng chị gái đã quyết định tổ chức lễ mừng thọ cho cả hai người ở ngay tại Nagoya, nơi chúng tôi đã được sinh ra và lớn lên.

Tôi làm việc ở Việt Nam nên cơ hội như thế này thì không có nhiều, vì vậy, tôi nghĩ mình nên tranh thủ thời gian đang ở Nhật để có thể làm được gì đó nhỏ nhỏ cho mọi người.
Và tôi đã cảm thấy rất vui vì đã làm được điều này.

Bình thường thì quan hệ giữa bố tôi và ông nội không được tốt cho lắm. Nhưng mà chỉ có ngày hôm đó thì lâu lắm rồi mới lại được thấy hai người nói chuyện vui vẻ, rôm rả như là đã quên hết mọi chuyện trước đây. Cũng vì nghe được những câu chuyện của bố và ông, mà tôi mới nhân ra rằng, thì ra, từ trước đến giờ tôi chẳng hiểu gì về gia đình mình cả.

Ông nội tôi sinh ra vào thời Đại Chính ( Taisho) . Và đương nhiên, ông cũng đã lớn lên trong cuộc đại chiến thế giới thứ 2. Ông không chỉ là phi công của đội đặc công Kazekami mà còn là người điều khiển con tàu Kaiten thời đại chiến. Và rồi ông cũng là một trong số ít người sống sót trong cuộc chiến kết thúc ở Đài Loan với một nỗi day dứt trong lòng.

Và sau đó, với suy nghĩ mình là một trong số ít người còn sống sót sau chiến tranh, mình nên làm một điều gì đó cho đất nước , ông đã đứng ra thành lập công ty riêng. Đến thời bố tôi, chứng kiến những gì ông đã trải qua và cũng đã quyết định kế nghiệp công ty của ông nội.

Những chuyện như thế này, một đứa con, đứa cháu như tôi, đến tận bây giờ mới được biết. Cũng nhờ vậy, dù chỉ một phần nào đó, tôi cũng đã có cảm giác là mình đã bước tiến đến gần hơn với hai người.

Ngay cả đối với bố cũng vậy, tôi đã chẳng hiểu gì về ông cả.
Đối với một người bố suốt ngày chỉ chú tâm đến công việc mà quên cả việc chăm sóc gia đình, thì tôi đã là đứa con luôn luôn đứng về phía mẹ.

Nhưng giờ thì tôi đã hiểu ra rằng đó cũng là cách mà bố tôi chăm lo cho gia đình mình.
Vào thời còn là sinh viên, hình như bố tôi có lần bị gãy xương cột sống. Và lúc đó, Cố tôi ( bà của mẹ ) đã không quản ngại vất vả ngày đêm chăm sóc bố. Chỉ nghĩ về điều đó thôi, bỗng dưng bố đã bật khóc. “ Ước gì lúc đó biết yêu thương cố hơn thì tốt biết mấy!”

Ông tôi đã trải qua những khó khăn, khổ đau như thế nào để có thể xây dựng cơ nghiệp ?
Và bố tôi đã cố gắng, nổ lực như thế nào để bảo vệ cơ nghiệp đó của ông cho đến tận bây giờ?

Một đứa con, đứa chau như tôi, đã hoàn toàn không hiểu gì cả.

Cũng nhờ dịp này, tôi nghĩ rằng tôi đã bắt đầu biết quý trọng những gì ở xung quanh mình. Và cái mong muốn trân trọng và yêu thương cái gia đình này càng trở nên mãnh liệt hơn bao giờ hết. Và người đã giúp tôi nhận ra rằng những điều tưởng chừng như đơn giản nhưng lại vô cùng quan trọng này, chính là, NGƯỜI VIỆT NAM.

Khi tiếp xúc với người Việt Nam, tôi rất thường bị hỏi những câu hỏi đại loại như thế này:
“ Thầy không nhớ nhà à?”
“ Không ở bên gia đình mà thầy không cảm thấy buồn sao?”

Chỉ với những câu hỏi như thế thôi cũng đủ hiểu được họ coi trọng gia đình như thế nào. Họ tự hào về gia đình mình, và luôn coi trọng những giờ phút quý giá được sống cùng người thân.

Trước đây, khi bị hỏi như thế, tôi thường trả lời rằng : “ À, người Nhật không phải không coi trọng gia đình đâu. Chẳng qua là vì họ nghĩ rằng, chính vì là gia đình nên không cần chung sống với nhau thì mọi người vẫn yêu thương nhau thôi.”

Bây giờ, cái suy nghĩ đó của tôi vẫn không thay đổi là mấy.
Nhưng tôi có cảm giác rằng, dù tình cảm có gắn bó đến nhường nào, dù có yêu thương nhau đến nhường nào, thì một năm cũng nên gặp nhau, chạm mặt nhau ít nhất vài lần. Và đặc biệt là đối vói những gia đình có những người lớn tuổi như gia đình tôi.

Khi còn bé, tôi vẫn luôn nghĩ rằng, những người như ông bà, bố mẹ, anh chị ở bên cạnh mình là lẽ đương nhiên.Nhưng rồi, càng lớn lên , thời gian ở bên cạnh người thân ngày một ít đi.

Tôi, 18 tuổi đã xa gia đình lên Tokyo.

Và 25 tuổi, bắt đầu cuộc sống mới ở Việt Nam.

Bây giờ, tôi 28.

Vào cái tuổi 18 đó, tôi cứ nghĩ rằng mình đã hiểu mọi chuyện trong nhà.Nhưng rồi giờ đây, tôi mới nhận ra rằng, mình như một thằng ngốc chẳng thèm quan tâm và hiểu một chút gì về gia đình của chính mình.
Dù có cách xa bao nhiêu nhưng trái tim vẫn luôn hướng về nhau mới là điều quan trọng. Tuy nhiên, đôi khi, khoảng cách về địa lí cũng là điều đáng quan tâm.
Tôi cảm thấy ở đâu đó một sự xấu hổ , khi mình đã xa gia đình quá lâu rồi!
Dù vậy, có thể nhờ điều đó, mà đôi khi tôi lại muốn gần gũi với gia đình hơn.

Một lần nữa, tôi vẫn muốn cám ơn Người Việt Nam, nhưng con người đã giúp tôi nhân ra điều quan trọng này.

Và từ đây, Hãy sống và trân trọng những điều dù là nhỏ nhặt nhất xung quanh ta!



川村
日本とベトナムを行ったり来たりしながら、早5か月。

仕事柄、ビジネス雑誌や書籍を読む機会が多いので、
毎週つらつらと目を通しております。

■‘脱’ニッポン?
IMGP7648.jpg
*ハノイからほど近い村

その中で、最近良く出てくるキーワードが
「‘脱’ニッポン」についての特集記事である。

例えば、、、

1)今週の東洋経済の特集は「増える海外移住『脱ニッポン』という選択」です。

2)朝日新聞デジタルでは「脱ニッポン」という特集が組まれたりしています。
  

僕自身、ベトナムで働くベトナム人と出逢う中で、
「普通に日本で仕事をしていたら、仕事なくなるわ。。。」
と感じ続けてきた。
*参考:「日本人の仕事がなくなる日

・人口減少
・少子高齢化
・若者の労働意欲の減退

などなど、こういうニュースを聞けば聞くほど、
「脱」ニッポンしたくなる気持ちはとっても分かります。

しかし、こうした記事を見るたびに思うことがあります。

「ニッポンって‘脱’しないといけない国なのか?」と。

■ベトナム人留学生が日本の学生との交流で気づいたこと
RIMG0690.jpg
*ベトナム将棋にいそしむ若者たち

ここで一つ紹介したい文章があります。

ベトナム人留学生である僕の元学生が、日本で行われた
日本語スピーチコンテストでこんなことを書いていました。

「ベトナムでは日本人の若者との出会いが沢山ありました。

そして、その日本の学生たちがアルバイトをしたお金で
ベトナムに来ていることを知り、驚きました。

ベトナムでのアルバイトの時給はとても安くて、
それで海外旅行ほどにはなりません。

ベトナムでは、例えば、喫茶店でのアルバイトは時給は60円と、
とても安くて、殆どの親は自分の子供にアルバイトをさせたがりません。
アルバイトをして、海外へ行ける日本、
ベトナムはいつそんな国になれるかなと思いました。


いつでも海外に行こうと思ったら学生でも行けてしまう国、日本。
新卒で20万円がもらえてしまう国、日本。
人も優しくて、思いやりがある人たちに溢れた、日本。

僕は日本に戻るたびに、日本の良い所を発見するようになっています。
だから、このような報道にはちょっとした寂しさを感じます。

■「チェンジメーカー留学inベトナム」に込めた考え
IMG_1576.jpg
*昼寝するワンコ


そんな経緯から、
「海外を見ることで、翻って自分たちの国の良い点が見れるような
プログラムが出来ないか」と思い作ってきたツアーが
チェンジメーカー留学inベトナム」です。

第4期の様子

計4回開催し、計60名の日本人、ベトナム人大学生に参加して頂きました。
1週間という短い期間ですが、一週間をお互い共にする企画なので、
関係はとても深くなります。

ベトナム人大学生から見た日本、日本人。
ベトナム国内で働く日本人から見た、日本、日本人。
日本人としてベトナムで実際に働く経験を通じて見た、日本、日本人。

こうした視点の中から、日本に帰ったとき、
日本にある「良いもの」を発見し、身の回りにより良い変化を
生み出す人になってほしいという気持ちを込めています。
*僕自身もそういう人間にならないといけませんが汗。

社会起業とか、NPOとか、NGOとか、
そういう言葉にまとめなくても、誰もが持っている
「良いことがしたい」という気持ち。

その気持ちを、形にして、行動していける
人を増やしたい。

日本にいる間に説明会を開催します。
2月6日(水)と9日(土)13時~@原宿にて開催します。

お時間ある方も、単純にベトナムについて話をしてみたい
という方もぜひお越しください。


【申込みは以下まで】
http://ryugaku.myedu.jp/program/cm/viet1303.html


「最期は宣伝かい!」と思われた方、その通りです!(開き直り)

宣伝兼、最近思うことをつらつらと書いてみました。
今日は以上です。

ここまで読んで頂く有難う御座いました!


川村
唐津周平。当ブログでも度々登場している男

唐津2



ベトナム第3の都市ダナンで働いていた若造である。(といってももう27歳だが)

そんな彼が23歳から働き続けていたダナンを離れ、2013年1月より、気持ちを新たに
日本で活動をすることになった。
所属していた会社も退職し、これから単身、日本で仕事をつくることになる。

日本で無職になり、更に無職になって帰ってくる

というチャレンジングな決断をした彼を人は笑うかもしれない。

でも、僕は間近で彼と活動をしてきた人間として、心から彼のこれからを
応援したい。願わくば日本でも一緒に何か出来ないかと思っている。

だから、改めて彼への感謝の気持ちを伝えると共に、彼のこれからの活動を紹介したい。

■唐津さんが日本でやりたいこととは?
399041_10200446537429492_1965807312_n.jpg
(日本で開催された「ベトナム×スリランカ×日本」パーティー中の一枚)

唐津さんは現在、「日本に住んでいる外国人の人たちの支援」
を仕事にするべく活動中だ。
具体的な仕事の形はこれから見つけていく予定である。

彼自身、約3年間、ベトナムダナンで「外国人」として活動をしてきた。
最初は友達ゼロ、語学力ゼロ、実力ゼロの状況。

しかしそんな中でも、心あるベトナム人の皆さん、そして「日本人」という先人たちの
資産のお陰で、生きていくことが出来た。

特に、彼と付き合って頂いていた日本語を勉強しているベトナム人の方達には
感謝しても仕切れないほどお世話になっていた。

彼ら、彼女たちが居てくれたからこそ、唐津さんはベトナムを好きになることが
出来たんだと思う。

しかし、翻って、唐津さん自身が日本人として日本に住んでいたとき、
日本に住む外国人の人たちにどれだけ関心を持っていただろうか。


彼曰く「大学のゼミに居た外国人留学生はほぼ無視していました
という有様。
というか、いじめていたとかではなく、「関心を持っていなかった」という言葉が正しいだろう。

これには僕自身ハッとさせられた。
なぜなら全く同じことが自分自身にも言えたから。

僕の母校である早稲田大学は、国内でも有数の留学生数を誇る大学(らしい)。
しかし、大学4年間で、留学生の友達は一人もいない。

この話題についてお互い話すと「俺たちは愚か者検定1級だな」という話で落ち着きます。


「海外でも活躍できる日本人の育成」が騒がれて久しい。

日本市場が縮小していく中で、これから拡大が見込めるアジア市場で
如何に活躍出来る人を育てるかはこれからの日本企業にとって大きなテーマである。

「外へ外へ!」という気持ちは確かにわかる。
一人でも多くの日本人が早い段階から日本以外の国で働く経験を積むことは
本人にとって掛け替えのない経験になる。これは実体験からも思うことだ。

でも、忘れられがちなことが「日本にいる外国人」のことだ。

アジアの中では日本はまだまだ経済大国のひとつである。
だから、多くの優秀な外国人の方達が日本を訪れてくれている。

例えば、現在日本にいる外国人留学生数は約13万人と言われている。
その中で約4000人がベトナム人留学生だ。

折角、日本に関心を持ってきてくれている留学生の皆さん。
お互いが密に関わり合いを持つことで、新たな気づきが
生まれることは間違いないだろう。

しかし、そんな留学生の人たちに一体日本の大学生はどれだけ
関心を持っているのだろう。少なくとも僕は全く持っていなかった。
何てもったいないことをしていたんだろうと痛感する。

余談だが、僕は今年、久しぶりに実家のある名古屋で正月を過ごした。
高校時代の友達と飲みに行くべく、地下鉄を乗っていたときのこと。

車内にて、何やら聞き覚えのある言語が。。。ベトナム語だ!
何とたまたま隣に座った方がベトナム人留学生だったのだ。

ためらうことなく、ベトナム語で話かけると「!!!!!」と
先方も無茶苦茶驚いていました。

聞くところによると、なんとフエ出身の方であった。
日本には3年前に留学に来て、現在は大学生であるとのこと。
しばし、フエ弁での歓談を楽しんだ後、携帯番号を交換し、
その後は「hen gap lai(またね)!」といって別れた。

ほどなくしてメールを頂いた。するとこんなことが書かれていた。

「今日はありがとうございました。まさか日本でベトナム語で会話できるとは
思ってもいませんでした。

日本で、日本人とベトナム語で会話できることが
こんなにも嬉しいことだとは思いませんでした。
本当に有難う御座いました。
これからも宜しくお願いします」
と。

このメールを頂いたとき、素直に嬉しかった。
と同時に、彼のこれまでの苦労が行間から読み取ることも出来た。
彼の周りにはベトナムに関心を持っている人は少ないのだろう。
なぜ彼が日本に留学しているのかすら関心を持っていない人も多いんじゃないか。

何か良いか悪いかではなく、
僕自身がそんな学生だったので、何だか「本当に申し訳ありません!」
という気持ちになってしまった。

■唐津さんを通じて見る「テーマを持って生きる面白さ」

532197_205580529577260_1276765093_n.jpg
(ベトナム人の皆さんとソーラン節を踊った時の一枚)

そろそろ筆をおきますが、再度に一言。

唐津さんと接していて思うことが
「テーマを持って生きること」は人生をより楽しくする
ということだ。


「自分が何をやりたいのか」
「自分はこの仕事に向いているのだろうか」

こう思い悩む人は多いと思う。
何を隠そう自分自身も日々葛藤中だ。


唐津さんの場合には、幸いにも人生を掛けて探究していきたい
テーマを見つけることが出来た。

沢山の選択肢の中から一つに絞り込むことには
勇気が必要だ。

彼の場合は、自分自身の体験が後押しとなり、
ゼロから、「日本にいる外国人の支援」をしたいと
思うようになった。

テーマを見つけることは本当に難しい。

自分自身が「挑戦と克服」を繰り返していかなければ
人生を掛けたテーマは見つからない。

逆に、「テーマ」さえ持ち、誠実に活動していれば
共鳴しあう仲間はSNSを通じて繋がりやすくなっている。

23歳リストラという追い込まれた状況からベトナムに行くという
決断を下したこと。
彼の後には僕を始め沢山の日本の若者が後に続いた。

さらに、人生を掛けて追い求めたいテーマを見つけ、
裸一貫で日本で活動をしようと決断している。

自分自身に起こってしまったことは真摯に受け止める。
それを時にはネタにして、人を楽しませるユーモアを持っていること。
一方、譲れないところは譲らず、自身のテーマを追い続ける。

そんな面白さと強さを持った唐津さんにはこれから沢山の
人の輪が出来るんだろうと僕は確信している。

中国の諺には
「飲水不忘挖井人(水を飲むときには井戸を掘った人を忘れない)」
という諺がある。

唐津さんはまさに井戸を掘った人。
僕はそんな彼にこれからも感謝をし続けるだろう。


最期に、、、
そんな唐津さんがベトナムと日本で活動出来ているのは
一重に彼を支えてくださる皆様のお陰です。
僕からも深く御礼を申し上げます。


七転八倒、抱腹絶倒、試行錯誤を続ける唐津さんを
これからもどうかよろしくお願い致します。

唐津さんのこれからに幸あれ!

川村@HCMより
■初任給は400円@ベトナム

「10万ドン(*)=約400円」。ベトナムに行ってから初めて得たお金である。
当時、自分がベトナム人の方たちに
貢献出来ることは「日本語を教えること」しかなかった。

日本語が仕事になると気づき、先生にアピールをして
学校に何とか入れてもらった。その始めに頂いた給料が400円だった。

これは日給ではない。月給だ。
絶対額から言えば、笑っちゃうくらいの金額である。

でも、僕の中では、人生で初めて自分で考え、行動して、稼いだお金。
この400円は僕の中で、初めて稼いだと実感を持てるお金だった。

*「ドン」とはベトナムの通貨単位のこと

■「大学を出る」ということ

400円の給料を頂いた時、僕は25歳だった。
思えば、そのときまで「自分で稼いだ」経験が
まったく無かったことに気づかされた。

もちろん学生時代にアルバイトでお金を得ていたことはある。
しかし、それは既に出来たレールの上に乗っかることで得ていたお金である。
0から自分で考え、動いて稼いだことは25年間も生きてきて一度もなかった。

日本の友人からは「大学を出たのに、月給400円かよ」と言われた。
でも、僕からすると「大学を出てしまったから、月給400円なんだよ」と思う。

「大学を出る」ということはある意味で
「今まで一番リスクを取って来なかった生き方」
と言える。

家では親が何でも決めてくれた。学校では先生が決めてくれた。
そして会社に入れば上司が決めてくれる。

つまり、他人が良しとすることに身を委ね、他人の期待に応えようと
することで、リスクを避け続けてきたのだ。

その結果、僕は「25年間、一円も稼いだことがない自分」
が出来上がってしまっていた。

■大卒者が弱者になる時代

今は、これまでの仕組みや制度がどんどん機能不全を起こしている時代だ。
そんな時、大卒者(特に何もしてこなかった文系人間)はどんどん弱者になっていく。

日本人の仕事がなくなる日』でも記載したが、
これから、替えが効く仕事は、コストが安い国にどんどん流れていく。

今まで、大卒者の雇用の受け皿であった企業も日本人を雇う
理由がなくなってきている。

なぜなら、企業の大きな目的の一つは継続することであるからだ。
継続していくにはコストメリットを追求することは当然の行為である。
間違っても日本の雇用を守ることが目的ではない。

更に、事業サイクルもどんどん短くなってきているため、
企業も人が育つ前に、事業が年を取ってしまう。

よって、専門性も何も磨いてこなかった大卒者は
遅かれ早かれ仕事を得ることは難しくなってくるだろう。

■「仕事をつくる」人の強さ

そんな時代において、強い人は誰か。
私は「仕事をつくる」人だと思う。

ベトナムで活躍している起業家の中には、職人が多い。
美容師、料理人、整体師、ネイリスト、など所謂
手に職がある人たちだ。

こういった人たちに出会う度に、尊敬してしまうし、
嫉妬してしまう。

中学、高校の頃、卒業してすぐに働く道を選んだ友人が
何人かいる。

ある人は大工に、ある人は美容師に、ある人は料理人になっていった。
正直な話、当時大学に通っていた僕は彼ら・彼女を心のどこかで馬鹿にしていたと思う。
でも、今思うと馬鹿野郎だったのは他でもない自分だったんだ。

彼ら・彼女たちは早いうちからリスクを取り、
自分たちがやりたいと思える仕事、打ち込める仕事を求め、
果敢に社会に飛び込んでいったのだ。

その道を選んだ友人たちは、今とても活躍している人も多い。
自分の腕一つで家族を持ち、養っている姿は惚れ惚れしてしまう。


■「仕事をつくる人」をつくる

ここでは「手に職がない人間はオワタ\(^^)/」
ということを言いたいのではない。

今、次々と自分の仕事をつくる人たちが増えてきている。
しかも、普段生活をする中で感じたちょっとした違和感や
問題意識、そして「こうなったらいいんじゃないかな」という
ような「自分の想い」から形になった仕事だ・

例えば、病児保育で有名なフローレンスの駒崎さんの原体験、
つまり、「母親の友人が、子供が病気になり会社を休んだらクビに
なったという話を聞き、『それはおかしいんじゃないか』という想いから始まったものだ。

また、『ナリワイ=やればやるほど仲間ができて健康になる仕事』づくりを
実践しているの伊藤さんは既に6つほど仕事を作っている。
すべて身の周りでおかしいと思ったことや、こうありたい!と思ったことを
仕事にしている。

ベトナムでも、「もっとベトナムを楽しめる情報が必要だ!」ということで
べとまる』というサイトを作り、ここから具体的な仕事をつくろうとしている友人もいる。

規模の大小はあれど、こうした人たちとお話をしていると、
全員が全員、イキイキと毎日を過ごしている。

彼ら・彼女たちと話をしていて、
「仕事をつくる」ことは、今まで人任せにしてきた人生を
自分自身に取り戻すことそのものだと感じる。

そして「仕事をつくる」人が増えていくと、周囲にとても良いことが起こる。
それは新たに「仕事をつくりたい!」という人が現れ、
結果、「仕事をつくる人」をつくる場が生まれることだ。

ゼロから仕事をつくる場合、得てして苦労することが多い。
「ああやっておけば良かった」とか「これはしてはいけない」
など身をもって経験している場合が多い。

だから、身の周りで仕事をつくろうとしている人が現れると、
自分の経験が役に立つし、自然と助けたくなるもの。

こうした連鎖が、自分のことは自分で助けようとする
「自助」な人を生み出し、更にはそういった人たちが育つ
場を生み出すと確信をしている。

こうした動きはまだまだ始まったばかり。
日本には「人」しか資源がないと言われているが、
まだまだ開発されていないと強烈に感じている。

経済が曲がり角な日本だからこそ、人の可能性を挽き出す
ことこそが、今の日本には必要なのではないか。

僕自身、いつまでも「仕事をつくる」当事者でありたい。
そして「仕事をつくる人をつくる」場を生み続けていきたいと思っている。

プロフィール

Twitter

フエのおいしいお店情報
随時更新中!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。